ホーム > 注目 > 売却にはタイミングというものもあるわけで

売却にはタイミングというものもあるわけで

住居を売る際にかかる経費ですが、売却を仲介した会社に払う手数料、登記費用(主に抵当権抹消)、そして実費として印紙代がかかります。

 

日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。

 

それなら自分で売れば、手数料分がまるまる浮くわけですが、時間も労力もかかる上、個人ではトラブルが生じた時に対応できませんから、プロの手を借りるのが一番です。

 

不動産売却に際してかかる税金の中で一番注意する必要があるのは譲渡所得税と住民税でしょう。

 

これらは物件の売却により利益が生まれた場合に支払いが必要なものです。

 

ただし、住居だった物件の売却なら、3000万円の特別控除の対象となります。

 

なお、どれくらいの期間所有していたかで課税のされ方に違いがあるため、確かめてから売却に入ることを勧めます。

 

あなたがさて、一戸建てを売却しようとする時、仲介してもらう不動産屋を選ぶと思いますが、不動産屋には得意な分野がありますので、そこを見てみましょう。

 

特に一戸建ての売買に定評のある不動産屋、逆に、マンションの売買は他社よりも実績があるという不動産屋もあるため、用途に合わせて、不動産屋を吟味してください。

 

さらに、一戸建ての売却の時は、一括査定サイトが役立ちます。

 

 複数の不動産屋にすぐに依頼が可能で、目安となる査定額がわかるでしょう。

 

購入者は多額のお金を準備しなくてはなりませんが、売却するのに都合のよい時期が戸建てにもあります。

 

戸建てを探す人が最も増える時期と言うのは、月で言えば1月から3月までの人の移動がある頃です。

 

転勤や進入学などの事情などで、家族ぐるみで転居する事例も多くなるので、一戸建を希望する声が強まってきます。

 

とはいえ、売却にはタイミングというものもあるわけで、その時期が到来するまで売るのを控えるのではなく、売り手にとって都合がよいと判断出来る時に売却して良いでしょう。

イエウール 評判